ストレス診断の必要性や医師に診断してもらうメリット

ストレス診断は医師の指導の元で行うようにしよう

自己判断と医師による診断を比較

自己判断で悩み続ける前に

ネットである程度の情報がえられる環境にある場合、自分に起きている不調の原因解明やその改善のためにネットで紹介されている症状やその改善方法の情報を集めるだけで、病院に足を運ばない傾向があります。ネットでの情報は玉成混合であり、たとえ医師のコメントであっても自信に当てはまる症状かどうかは専門家でないと判断できないこともあります。

病院での診断結果が違う?

特に精神的な悩みで診察を受けるときに、事前に情報収集をして「自分はこうなんじゃないか」と決めている場合と、何も情報がないまま受診している場合とでは、診断結果が異なる場合があります。
さらに、特定の病気に罹っていることを想定して受診した場合、まったく異なる診断結果に肩を落とし、治療に専念できない心理状態に陥ることもあるでしょう。
医師はガイドライン以外にもその経験や専門的な情報に基づいて客観的に診断を行います。精神科医でさえも自分自身に精神疾患の疑いがある場合には精神科の受診を推奨されるくらいですから、もしも悩んでいる症状が改善されない場合や気になる症状がある場合は、一度病院に足を運ぶことをお薦めします。

ストレス診断の必要性や医師に診断してもらうメリット

ハート

ストレスを溜め込み続けると危険

適度なストレスは人生のほどよいスパイスになるとも言いますが、溜まったストレスをそのままにし続けていると心身ともに不調が発生します。
不必要なほどに気分が落ち込んだり、生活を妨げるくらいのギャンブルや飲酒をしてしまったり、些細なことでパニック状態に陥ったりと、一般的な日常生活を送ることが困難になるくらいの症状が出ることがあります。

身体の不調と心の不調はリンクする

さらに、精神的な悩めだけではなく、身体的な症状も出る場合があります。
頭痛、耳鳴り、免疫力の低下、息苦しさや動悸、めまいなどが、ストレスを溜め込みすぎが原因で起こることがあります。胃の症状や皮膚疾患などで特定の原因がない場合はストレスが原因である場合が多く、「心身ともに健康」という言葉があるように、心の不健康は身体の不健康を招きます。

ストレスを溜めない生活を心がけよう

ストレス診断の結果を、ストレスを溜めない生活を送るための参考として利用してみるのもいいでしょう。ストレス発散の方法は個人で異なりますが、一般的には適度な運動、清潔さが保たれている部屋、人との良好な交流などが推奨されています。
自分に合ったストレスを溜めない方法を見つけて日々のケアに取入れ、快適なライフスタイルを目指しましょう。